読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成宮寛貴の乱行写真を売る“知人”……「家族」と信じた“取り巻き”の蛮行

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

f:id:nnaoichi-707:20161216155441j:plain沖縄・辺野古沖の埋め立てに関し、国が翁長雄志沖縄知事を訴えていた訴訟で、最高裁判所沖縄県側の敗訴を決定した。これまで沖縄県が示し続けてきた民意が見事に無視されたのだ。高江ヘリパッドにしても国の横暴は日に日に激しさを増している。ここまで国民を無視し、苦しめた上で成り立つのが安倍政権のいう“国策”とすれば、それは民主主義ではなく独裁だ。それを最高裁が支持したことで明らかになったのは、司法の独立も絵空事だということだろう。

第345回(12/10~13発売号より)
1位「成宮寛貴 水谷豊“悲憤の1時間”で決意した『絶縁と欧州逃避行』」(「女性自身」12月27日号)
2位「豊田チカ大橋巨泉さん次女)×永麻理永六輔さん次女) 『私たちのすぐそばに、いまも父たちはいます!』」(「女性自身」12月27日号)
3位「ムスコ飯 第105飯 辻仁成」(「女性自身」12月27日号)

  成宮寛貴の芸能界引退は、現在でも大きな波紋を呼んでいる。特に聞こえてくるのが成宮のコカイン疑惑を報じた「フライデー」(講談社)に対する批判だ。しかし、成宮本人の近しい知人からの証言、写真、録音テープが揃い、取材の結果それらに相当性があったならば、週刊誌は当然報じるものだ。それが週刊誌ジャーナリズムの本分だろう。

f:id:nnaoichi-707:20161216153203j:plainということで、今週の女性週刊誌各誌もこの話題を取り上げているが、特に注目したいのが「女性自身」だ。記事は9日の引退発表の前日、成宮の所属事務所社長が水谷豊の元を訪れ、緊急の話し合いを持ったということがメインとなっていて、タイトルもそうだ。しかし「自身」には話し合いとはまったく関係ない衝撃の写真が掲載されている。

  それが成宮の“乱行写真”だ。

「自身」はこの写真を、「フライデー」に証言した人物とは別の“知人”から入手したという。成宮の周りには常に取り巻きがいて、ときにホテルのスイートルームを借り切ったり、ときに自宅に招いては大騒ぎしていたらしい。そして成宮はそうした友人たちを「家族」と信じていたが、「自身」に写真を提供したのも、そうした取り巻きの1人なのだろう。

 全然「家族」なんかじゃない。

 一方で、成宮にしても「フライデー」での証言が事実なら、「家族」にコカインを買わせたり、セクハラもどきのことをしていたことになる。さらに「フライデー」の告発者には、告発した理由がまがりなりにもあったが、「自身」の写真提供者にはない。単なる便乗だ。

 成宮はロクな人間関係を持っていなかった。

 芸能界を電撃的に引退した成宮だが、今後もマスコミだけでなく取り巻きの格好の餌食となり続ける可能性は高い。海外に逃げてる場合じゃないと思う。

 年末になるとメディアがやる企画の1つが“今年鬼籍に入った著名人”特集だ。

f:id:nnaoichi-707:20161216154043j:plain今週の「女性自身」では、冒頭グラビアで平幹二朗蜷川幸雄白川由美などに対し、交友のあった著名人や家族が追悼文を寄せている。だが、それとは別の“異色対談”も掲載されているのだ。

 それが、今年亡くなった大橋巨泉の次女・チカさんと永六輔の次女・麻理さんの対談である。そこには、父親との思い出など数々が語られているが、対談ラストで語られる2人の娘の宣言は素敵だ。2人は“父親の遺志”を受け継ぐとして、こんな決意表明をしている。

「これからは、私たちが、父たちの『遺志』を継いで。巨泉さんも、父も、日本の『いま』と『将来』を憂い、とても心配していましたから」(麻理さん)
「とくに『反原発』と『反戦』は、お互い母親として、できることを広げていきたいですね」(チカさん)
「がんばりましょう!」(麻理さん)

f:id:nnaoichi-707:20161216154516j:plainなんと力強く、心強い言葉。さすが永六輔大橋巨泉の娘たちである。

 実際、永、巨泉とも、戦争に反対し安倍政権の暴挙に怒りを表明してきた。例えば、永は毎日新聞2013年5月23日付夕刊で、憲法堅持をこう訴えている。

「(99条は)憲法を変えてはいけないという条文です。天皇陛下といえども変えられない。それなのに国会議員が変えると言い出すのはおかしいでしょう」
「国民に義務を課すなんてちゃんちゃらおかしいですよ。憲法は国民を守るためのルール。それなのに99条を変えると言い出すなんて、政治家憲法を勉強してこなかった証しです」

 そして巨泉もまた「週刊現代」16年7月9日号、最後の連載となったコラムで、安倍政権への怒り、そして権力への反発のメッセージをこう発していたほどだ。

f:id:nnaoichi-707:20161216122057j:plain「今のボクにはこれ以上の体力も気力もありません。だが今も恐ろしい事や情けない事、恥知らずな事が連日報道されている。書きたい事や言いたい事は山ほどあるのだが、許して下さい。しかしこのままでは死んでも死にきれないので、最後の遺言として一つだけは書いておきたい。安倍晋三の野望は恐ろしいものです。選挙民をナメている安倍晋三に一泡吹かせて下さい。7月の参院選挙、野党に投票して下さい。最後のお願いです」

f:id:nnaoichi-707:20161216153401j:plainだが永や巨泉に代表される反骨の、そして戦争の恐ろしさを知る人々は年々減り続けている。しかし、彼らの“遺志”は子どもたちに受け継がれていた。素敵! 現在、ジャズシンガーとして活躍するチカさん、そしてアナウンサーの麻理さんの今後の活動、活躍に期待したい。

 今週は「女性自身」ばかりがランキングしているが、しかし、2位の対談と同じくらい感動したのが、辻仁成連載コラム「ムスコ飯」だ。

 今週は辻の“ムスコ”が「クラスの子に差別されている」というエピソードが記されているのだが、そこで語られる“ムスコ”の言葉、差別に対する考えが素晴らしすぎるのだ。

f:id:nnaoichi-707:20161216152803j:plain「みんなが人を差別しないで、平和でいられる社会をね、ぼくは考えたい」

 これはほんのさわりだ。もっと、もっと多くのことを中学生の“ムスコ”は語っている。是非、雑誌を読んでください。本当に。   

 

 

f:id:nnaoichi-707:20161216163405j:plain

 

              f:id:nnaoichi-707:20161216163004j:plain

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SMAPのいない“紅白”、その不在に人々は何を感じるか

 様々な角度からSMAPに迫る連載第14弾。11月24日、『第67回NHK紅白歌合戦』出場歌手が発表された。これまで、計23回出場してきたSMAPの不在、そこに人々は何を思うのか。彼らが“紅白”をはじめ、数々の歌番組で見せてきた名場面を振り返りながら、SMAPの音楽の行く末を考える。

◆“紅白”出場者にSMAPの名前なく――

f:id:nnaoichi-707:20161208203556j:plain

先日、今年の『第67回NHK紅白歌合戦』への出場者が発表された。NHKの会長からも熱烈なオファーをしているとずっと報道されていたけれど、結局、そこにSMAPの名前はなかった。

SMAPを“歌番組”で観なくなって、もう8ヶ月が経つ。

f:id:nnaoichi-707:20161208204234j:plain

最後に5人揃って“SMAPの持ち歌”を歌う姿を観たのは3月12日。“紅白”と同じNHKで放送された『震災から5年“明日へ”コンサート』の司会を中居正広が務め、5人で福島県会津若松市にある会場で、「オリジナル スマイル」「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」「世界に一つだけの花」の3曲を披露したときだ。オープニングの“オリスマ”では、会場後方の扉からSMAPが登場し、観客にもみくちゃにされながら5人はステージに到着した。最後の曲となった“世界~”でも客席に降り立つ大サービス。“オリスマ”と“世界~”は定番としても、「この瞬間~」が選ばれたのは、その中の“どんなに遠く離れていてもそばにいる”という歌詞に、5人が復興への思いを込めたからに他ならない。

 冒頭では、“思いを歌で届けたい”という中居のナレーションが入っていた。

f:id:nnaoichi-707:20161208204743j:plain

   

f:id:nnaoichi-707:20161208204511j:plain

 ◆国民的なアイドルと歌番組、それは“コタツにミカン”ほどの安定感                                                        

SMAPには、テレビで持ち歌を披露した際の“名場面”が数多くある。その中でも、“紅白”と聞いて思い出すのが、2014年に、SMAPの5人が審査委員席にいたタモリを囲んで「世界に一つだけの花」を歌った場面だ。タモリとプライベートでも仲良しの草なぎ剛が、歌いながら審査委員席のタモリのもとへ駆け寄った。あとでわかったことだが、それは、リハーサルのときはなかった動きだった。慌てて4人が追いかけて、5人でタモリを囲んだ。タモリにとっては31年ぶりの“紅白”で、SMAPとの“紅白”での共演は初。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、ゲストの曲を聴いているときはほとんど微動だにしないタモリが、このときばかりは少し照れくさそうに振っていた。

f:id:nnaoichi-707:20161208204919j:plain

これ以外にも、“紅白”で印象的だったSMAPのパフォーマンスはいくつもある。中居の名司会に唸らされたこともある。レコードからCDへの転換期にグループが結成され、生演奏の歌番組が軒並み終了していた時代にデビューしたグループだからこそ、歌番組での一回一回のパフォーマンスを大事にしていたSMAP。古くはNHK・BSの『アイドルオンステージ』、中居が司会を務めた『うたばん』(TBS系)、草なぎ司会の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)、ダウンタウンが司会を担当した『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(同系)、大晦日の『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ』(TBS系)、阪神淡路大震災後の『ミュージックステーション』で披露された「がんばりましょう」、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のS・LIVE、『SMAP×FNS27時間テレビ』(同系)のノンストップライブなど、SMAPは、様々な形で、様々な場面、様々な世情に寄り添いながら、自分たちの歌を披露してきた。中でも“紅白”は、デビュー年から長きに渡って出場し、中居が司会を6回も務め、グループとして初めて大トリを任されたり、何度も歌手別最高視聴率を記録したりしている。国民的アイドルグループと呼ばれる彼らと、国民的な歌番組は、まさに老若男女誰もが知っていて、誰もが話題にできる組み合わせとして、“コタツにミカン”ぐらいの安定感があった。

f:id:nnaoichi-707:20161208205425j:plain

タモリを見送った「ありがとう」 SMAPが歌った数々の名場面

 12月21日に発売されるベストアルバムで、ファン投票2位にランクインした「BEST FRIEND」は、4枚目のシングル「負けるなBaby!~Never give up」のカップリング曲だ。本来なら、CDを買ったりライブに足を運んだりするファン以外知ることのなかった歌を、森且行が最後に出演した“スマスマ”で、中居は敢えてピックアップした。ライブで披露されたことで人気曲になった「らいおんハート」のカップリング曲「オレンジ」のように、歌い手はその歌を世に生み出した張本人ではなくても、誠実に歌うことで歌を“育てる”ことができるのだ。そう考えると、つくづく、SMAPのもとに産み落とされた歌は、あんなに魅力的な5人(96年5月までは6人)の親に愛され、育てられて、それぞれがとても幸せものだなぁと思う。

f:id:nnaoichi-707:20161208205603j:plain

楽曲提供された曲以外にも、たとえば中居正広が手がけたメンバー紹介ソング「FIVE RESPECT」が、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の企画で、ナインティナイン岡村隆史SMAPライブ潜入企画を通して地上波で披露されたこともあるし、『笑っていいとも!』のグランドフィナーレでは、司会のタモリを労うべく、SMAPの5人がタモリを囲んで「ありがとう」を歌う場面もあった。普段は共演することのないお笑い芸人たちの共演も話題だったが、タモリの司会者としての功績を讃え、感謝するための場に相応しかったのは、どんなに優れたスピーチよりも彼らの心のこもった“歌”だった。長くレギュラーを務めた中居、草なぎ剛香取慎吾以外に、木村拓哉稲垣吾郎も駆けつけ、湿っぽくなりがちな場の雰囲気が、グッと明るく華やかになった。SMAPの曲を歌うために、メンバーが世話になったその感謝を伝えるために、集結した5人。「ありがとう」は、草なぎの主演したドラマ『僕の歩く道』(フジテレビ系)の主題歌で、ライブでも何度か聴いたことがある曲だったが、あのときほど、しみじみと“いい曲だ”と思ったことはない。

f:id:nnaoichi-707:20161208205728j:plain

歌唱に、不器用さが残るせいか。バラエティで持ち歌を披露するとき中居にテレが生まれるせいか、不思議なほど、あのときの「ありがとう」の歌詞は心に響いた。“こんなにも素敵な人がそばにいてくれた”“何よりも君と出会えることができてよかった”と――。

 ポピュラー音楽は、歌手に歌われることで生き、変容し、成長する。たくさんあるシングルの一曲として、“ライブのアンコールにピッタリな曲”という立ち位置に落ち着きそうだった「ありがとう」が、この番組を観た人にとっては、人生で大切な人と出会ったことに感謝するとき思い出すような、普遍的な曲になったのである。

f:id:nnaoichi-707:20161208205847j:plain

SMAPのいない“紅白”を観ることで、存在の大きさを感じる

 ここ一番の場面で披露するたび、必ず何か心温まるストーリーを運んでくるSMAPの歌が、現時点では“紅白”では披露されないことが濃厚になっている。でも、一ファンとして、“紅白”でSMAP5人の姿が観たいかと聞かれたら、個人的には「NO」だ。5人でSMAPの歌を歌う姿が観たいのはやまやまだが、その舞台が“紅白”の一コーナーだったとしたら、彼らはきっと番組を盛り上げることに徹するだろう。SMAPはこれまでずっと“他者のために”歌ってきた。あるいはファンに何かを“誓う”ために歌ってきた。大事に育ててきた歌の、さらなる成長を夢見て、精一杯のパフォーマンスをしてきた。私たちが観たいのは、聴きたいのは、お仕着せの、その番組を盛り上げるためのパフォーマンスではない。これからも成長していく歌であり、彼らが守り育てる歌なのだ。

f:id:nnaoichi-707:20161208210129j:plain

とはいえ、これはあくまでも私見であって、「コタツにはミカンがないと……」と落胆しているSMAPファンや、お茶の間の“紅白ファン”もいることだろう。一アーティストの“紅白不出場”のニュースが、こんなに世間をザワつかせるなんて。今は、もしかしてSMAPにまったく関心のなかった人が、何気なくSMAPのいない“紅白”を観ることで、SMAPという存在の大きさを感じることもあるのかもしれないと思ったりもする。

 世に産み落とされ、広く知れ渡った歌は、いつまでも死なない。SMAPの歌は、現時点でも、これから先もずっと歌い継がれる普遍性を獲得していることはわかっている。でも、彼らの音楽は、これからだってもっと生み出されてもいいし、まだまだ化けるかもしれないとつい期待してしまう。彼らがすぐ側で歌ってくれなくても、人生の折に触れて、きっとSMAPの歌を思い出すことがたくさんあると思うから、何年か先でもいい。彼らが、SMAPみんなで育てた音楽を愛し続ける限り、この区切りが、何かのはじまりであってほしい。

 なんだか、12月31日はSMAPを思いながら、「ありがとう」をひたすらヘビロテしてしまいそうだ。ここ3ヶ月、彼らを困らせたいわけでも、引き止めたいわけでもなくて、ただ“愛する人へ、ありがとう”と伝えたかったし、今も伝えたい気持ちは消えない。
(文/菊地陽子) 

引用:http://www.oricon.co.jp/news/2082081/full/

ピーター・ドラッカーのコンテンツが無料!?

f:id:nnaoichi-707:20161029225833j:plain

あなたは

ピーター・ドラッカー」という

経営学者の名前を聞いたことはありますか?

 

ビジネスをしているなら、

絶対避けては通れないですよね。

 

 

ドラッカーは「経営学の父」と呼ばれ、

特にマネジメントの分野では

世界的な権威とされています。

 

その理論は有数の大企業で採用され、

絶大な効果を上げてきました。

 

 

もし、

社長がいなくても自動的に

成長する会社を作りたいのなら

 

ドラッカーのマネジメント理論を学び、

活用してみてください。

 

 

今なら無料で動画セミナーを受講できるようです。

詳細はこちらから。

 

http://directlink.jp/tracking/af/1405531/qJBiVOoa-DKB5j3A7/

 

世界的に有名で、

理論も完璧なドラッカーにも

唯一の欠点がありました。

 

 

それは、話が難しいということ。

 

 

学者ということもあり、

難しい言葉の表現についていけない人も

多くいらっしゃいます。

 

しかし、理解さえできれば、

その理論は絶大な効果を

発揮するのは間違いありません。

 

 

 

そこでドラッカーを学び続けて27年。

 

ドラッカーの理論を活用して

様々な企業の成長に貢献してきた

凄腕コンサルタント「山下淳一郎」氏に

ドラッカー理論を分かりやすく解説して頂きました。

 

 

期間限定公開ですので、

社員10名以下の中小企業の社長さま

1人でも人を雇っている個人事業主の方は必見です。

http://directlink.jp/tracking/af/1405531/qJBiVOoa-DKB5j3A7/

 

【驚愕】旅行すればするほどお金が増える

f:id:nnaoichi-707:20161014155029j:plain

あなたのために。

旅行をすればする程、お金が増えるなんてことは
世の中にはありません。

ただ、「旅行していてもお金が増える」ビジネスが
発表されてしまいました。

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/RXI7AaoE-cqJEvjQe/

インターネットの普及で個人でも低コストで
商売がしやすい世の中になりました。

楽天や、Amazonといったインターネットの
物販ショップに個人出店がやり易いように
この業界でも個人で出来る流れが来ています。

この業界もなくなることは無いでしょうが、
少なくとも今現在は先行者利益も少ないものでは
無いでしょう。

先行者利益の取り方

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/RXI7AaoE-cqJEvjQe/

もう少しで受付人数に達します。

あなたの選択肢は
・今すぐ見て驚愕の先行者利益を得る
・拾った人が持ち主になる10万円をただ見過ごすように
 チャンスを棒に振る 
と言ったところでしょうか。

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/RXI7AaoE-cqJEvjQe/

 

【先着】たった一人で10倍売れる!秘伝が流出!(※返却は不要です)

f:id:nnaoichi-707:20160921130720p:plain

二人のビジネスマンがいます。

一人は「毎月コンスタントに売上を上げるビジネスマン」

 

そして

もう一人は「売上に不安を感じているビジネスマン」

 

この二人の決定的な違いはなんでしょうか?

・商品力?

・営業力?

・人脈?

・才能?

いいえ、その「違い」はたったの2つだけ。

 

100億円企業の元マーケティング部長が門外不出の秘伝を

“丸ごと”【完全無料】で公開してくれるそうです。

↓↓↓

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/35u62cbI/

(※今だけ完全無料です)

 

 

最近、インターネットを活用して稼いでいるカウンセラーや

セミナー講師の方がいますが彼らは例外なくネットやパソコンの知識やスキルが

豊富です。

 

では知識があまりない方はネットでの集客は無理なのか?

というとそんなことはありません。

 

その証拠にネット知識ゼロでも

たった90日で10倍売れる仕組みの

「2つのテンプレート」が存在するからです。

 

このノウハウを知った

 

・「お金なし」「時間なし」「ネットが苦手」な事務系OLが

副業で200万円の利益を達成

 

・集客ゼロのカウンセラーが、たった1ヶ月で売上200万円を達成!

さらに次の月には売上500万円を達成!

その後、1年で400件のカウンセリングこなし一気に独立!

 

・ビジネス経験ゼロ53歳の主婦が、セミナー講師で起業。

4ヶ月で上場企業2社から研修を受注!講師料は起業時の10倍に!

 

・カウンセラーが、0からたった7ヶ月で

3117人の見込み客を集め2850万円の売上を達成!

 

・20代の会社員が副業で一気に売上1400万円を達成!

など・・・

 

 

殆どの方がまったくゼロからこの売れる仕組みをつくり

大きなお金を稼ぎ出しています。

 

 

 

 

たとえあなたが

 

・起業したばかりでも

 

・「パソコンやネットが苦手で、集客、販売ができない」

 

・「来月の売上が不安…」

 

・ 「見込み客をどうやって集めればいいかわからない」

そんな悩みを持っていたとしても、

大丈夫です!!

 

そんな悩みをすべて解決する

 

たった90日で10倍売れる仕組み!

「2つのテンプレート」が

期間限定で公開されています。

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/35u62cbI/

(※返却は不要です)

 

 

今の世の中にはネットを最大限に活用した集客、

販売の方法があふれています。

 

ただし売上をコンスタントにあげようと思えば、

豊富なネット知識やパソコンスキルを必要とするものが

多いのも事実です。

 

しかし、この「たった90日で10倍売れる仕組み」は・・・

 

・ネットが苦手な50代でも

・見込み客がゼロでも

・ムダなお金をかけなくても

 

この「2つのテンプレート」通りにビジネスを進めることで、

 

「売上」が右肩上がりに上がるのに、「働く時間」は逆に

減らすことができるようになるのです。

 

あなたもゼロから毎月30万円、50万円、100万円を何度でも繰り返し

売れる仕組みを構築できたら嬉しくないですか?

 

初挑戦でも30万円、万円、100万円を何度でも繰り返し

売上げる仕組み!「2つのテンプレート」はこちら

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/35u62cbI/

(※動画が無料で手に入ります)

 

この手法は非常に再現性が高い手法です。

 

なぜなら、このノウハウで売り上げを爆発的に上げ

て安定的な収益を実現した方々には

 

カウセラー、セミナー講師、コピーライター、副業のOL、WEBデザイナー、

リサイクルショップオーナーなどあらゆる業態の方がいらっしゃいます。

 

しかも、何度でも繰り返し、お客様に「ありがとう」と喜ばれて

リピートされるので、毎月の売上が右肩上がりに伸びてゆきます。

 

中にはビジネスを始めてたった2か月で

1400万円という売上を叩き出した猛者も現れています。

 

初期費用や、ネットの知識、パソコンスキルが 一切不要の。

 

たった90日で10倍売れる仕組み!

「完全無料」の動画講座で学んでみませんか?

成功実証済みの「2つのテンプレート」を確認する:

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/35u62cbI/

 

(※返却は一切不要です。)

 

PS:さらに世界No.1マーケッター、ジェイ・エイブラハムから

直接学んだ手法を用いて、数々のセミナー集客に成功。

企業規模を問わないコンサルティングにも定評がある

鳥内浩一氏もオブザーバーとして出演!

 

とくに今

・ 見込み客の見つけ方がわからない

・ 集客のためのアプローチ方法がわからない

・ 売り上げがなかなか伸びない

・          今までの方法では集客ができない

・自分の人脈だけで集客するには限りがある

 

などなんらかの問題を感じている方は

9月22日(金)23:59までの期間限定公開なので

見逃さないよう、今スグ登録することをお勧めします。

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/35u62cbI/

(※期間が過ぎれば、有料になります)

人生を変えるダライ・ラマのメソッド公開

f:id:nnaoichi-707:20160901001331p:plain

あなたも日々、

肌で感じていると思いますが、

 

現在、世界中で変革の動きが

現実化してきています。

 

 

AIにより雇用のバランスが崩れ、

 ある分野の職業はすでに無くなり

 

Facebook,Lineにより

 個人の情報は筒抜け

 

スマホPCなどネットがないと

 生きていけない

 

 

時代が、これまでにないくらい、

大きく変化してきています。

 

 

日本を含む世界中で

起きているこの変化は、

 

大きなパラダイムシフトだと

言われています。

 

 

それは、

 

 

価値観の変化であり、

行動の変化であり、

システムの変化であり、

 

 

私たち自身の内面的な変化でもあります。

 

 

「これから先、私たちはどうすればいいのか?」

 

 

世界中の人々が

心に抱いているその問いに、

 

世界のオピニオンリーダーたちが

答えを出しています。

 

参加費15万円、

17人のオピニオンリーダーたちの講演が

動画で公開されていますので、

 

今すぐご確認ください。

 

↓ 

http://directlink.jp/tracking/af/1405531/waUEfzoY/

 

 

この動画が収録された講演は、

教育先進都市として知られる、

カナダのカルガリーで行われました。

 

この講演では、

 

ダライ・ラマ法王14世、

・デクラーク元南アフリカ大統領

 

といった、ノーベル平和賞受賞者をはじめ、

 

・サッポスCEOのトニー・シェイ

・ザ・シークレットの出演者ビル・ハリス

・世界的セラピスト、ショーン・スティーブンソン

ノマドビジネスの成功者、エブン・ペーガン

 

など、今までとは違った形で活躍する人々が、

『新時代において大切なこと』を伝えました。

 

 

■『これからの時代に必要なこと』

 

 

この動画ワークショップは、

【無料】にてご参加いただけます。

 

世界的リーダーたちが示す、

 

『新時代に成功するために必要な条件』

 

を是非お受け取りください。

 

あなたが新しい世界に、

幸せで充実した人生を送ることを願っております。

 

↓ 

http://directlink.jp/tracking/af/1405531/waUEfzoY/

 

 

稼げない起業家を覚醒させる『7つの成功ステップ』とは?

f:id:nnaoichi-707:20160821221943j:plain

★★nnaoichi707。

 

 

起業されて、

ビジネスをはじめたばかりの人は

人一倍、情報に敏感です。

 

最新のFacebook広告の手法

があると聞けば、飛びつき、

 

動画マーケティング

インスタグラム

LINE@、などなど

 

新しい手法が出る度に

飛びつきますが、

 

結局1つとしてモノにできず

お金はなくなり

無駄な教材だけがたまっていく・・・

 

そんな悪循環に陥っています。

 

 

でも、どうして

こんなことが起きてしまうのか?

 

あなたは考えたことがありますか?

 

・・・

 

その原因は

既に気づかれていると思いますが

 

自分の中にある

『不安』です。

 

 

でも、この『不安』を

解決する方法が

ただ一つあります。

 

それは、

 

「フォーカス!」すること。

 

 

集中して、最初の一歩、

 

ゼロからイチを

立ち上げてしまうことです!

 

 

でも、このゼロからイチの

立ち上げが、本当に難しいのです。

 

 

そもそも実績がないから

お客さんは取れないし、

 

お客さんが取れても

満足させられなかったら

次はないし、

 

もう何から何まで

自分一人で

やらなきゃいけない!

 

しかも、毎月の出費もかさんで

貯金は尽きてくる・・・

 

起業したのもつかの間、

元の会社員に戻ってしまう人も

相当数いるのが、現状なのです。

 

 

でも、

このメールを

ご覧になった方は

はっきり言って、ラッキーです!!

 

その一番難しい

ゼロからイチを立ち上げる

スペシャリスト、それも2人が、

 

ビジネス初心者でも

安定的に継続して

利益を生み出せる

魔法の『仕組み』を

 

特別に公開してくれます!!

 

 

誰でも、そのまま実践すれば

結果が出てしまう

 

そんな魔法のような

 

『成功起業家になれる

7つのステップ』

 

があるのです。

 

ぜひこのチャンスを見逃さないでください。

http://directlink.jp/tracking/af/1451642/DQqb58xK/

 

 

★★nnaoichi-707